FC2ブログ
スポンサードリンク

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

■あ、そっか。だからおかしな教師が多いんだね・・・

よくわいせつ教師の話なんかがニュースに出ています。子供に何かを
教える立場の人間が、不正な方法で選ばれているんだから仕方がないでしょう。

 大分県の教員採用試験をめぐる汚職事件で、不正な点数操作を許す温床となったのは、合否を決める選考基準の「不透明さ」だった。平成19年度の文部科学省調査によると、教員採用の選考基準を公表している自治体(都道府県と政令市)は、全64のうち20で、3分の1に満たず、大分県も含まれていない。大半が「教委の裁量」のベールに隠れているのが現状だ。

 「選考基準を示すと、受験対策など合格に特化した勉強をされてしまう」
 基準を公開しない理由をこう説明するのは東京都教委。千葉県教委も「面接で受験生の本当の姿が見えなくなる」とし、「透明化の重要性は理解しているが、面接の精度を落とさないことも重要だ」と理解を求める。

 一方、19年度から公表に踏み切った福島県教委は、「人物や適正をより多面的に評価すれば、表面的な試験対策では対応できない」と強調。「影響はこれからだが、不合格者が何を努力すればいいか分かるようになるのではないか」と、公表の効果を期待する。

進まぬ透明化…教員採用試験、不正の温床にも
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080716-00000955-san-soci&kz=soci


【DVD】ごくせん 伍/アニメーションスポンサードリンク

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。